援デリで働くことの危険度

援デリ業者で働く女の子たちは後を絶ちません。
風俗産業の規制を完全に無視し、犯罪であることを認識している。
その上で、逮捕されてしまう恐れすらもあるにも関わらず、どうして女の子たちは、援デリ業者に走ってしまうのでしょうか。

■援デリ業者に女性が籍を置くパターン

風俗店では、顔バレしてしまうとか、事情があって働くことが出来ないという理由から、犯罪だと分かっていても、この手の業者に流れてしまうといったパターン。

18歳未満という年齢のため、一般的な風俗店やカンパイワークなどの風俗産業では、雇ってもらうことが出来ないため、この手の業者に流れてしまうというパターン。

個人的に援助交際を元々行っていたものの、トラブルなどが多く、個人での商売に限界などを感じたり、スカウトなどをされ、業者に流れてしまったというパターン。

真っ当な風俗店だと思い、気軽に応募をしてしまい、働いてしまって、後々にそれが犯罪であることが分かったものの、それをネタにされたりして、働かされてしまっているパターンなどが挙げられます。

■百害あって一利もなし

この手の業者は、一般的な風俗産業のデリバリーヘルスとは違い、本番行為が含まれます。
一般的な風俗店の場合、本番行為が許されるのは、ソープランドのみです。

それ以外の風俗では、禁止行為になっているため、肉体的にも、精神的にも高い負担とリスクが伴うわけです。
ですから気軽に働くのはオススメ出来ません。

更に、一般的な風俗店とは違い、逮捕や犯罪を行っているという認識を持っている男性が多く利用しているため、そう何度も利用するなんてバカな真似はしません。
普通の風俗店なら合法ですから、お金に余裕があれば、気に入ってもらえることさえできれば、何度も通ってもらい、沢山の収入になりますが、この手の業者の場合には、リピーターが少ないのです。

たった一回だけの利用と割り切れるからこそ、むちゃくちゃな行為を行う人間もいるのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*